建物の管理が大変?マンション管理会社にお任せください

リロケーションの仕組み

インテリア

リロケーションとは、転勤や海外赴任などで自宅を長期間留守にしている間、自宅を賃貸住宅として貸し出すことです。このように、リロケーションでは留守中の自宅を貸し出すことで家賃収入を得ることができます。このリロケーションは個人でも行うことはできるのですが、一般的にはリロケーション会社を利用して自宅を貸し出すことになります。リロケーション会社に依頼した場合は、会社側に手数料を支払います。手数料はおおよそ家賃収入の10%程です。依頼するリロケーション会社は、不動産会社が業務を行っている場合や大手の不動産会社の小会社の場合があります。リロケーション会社が行ってくれる主な業務は以下のものになります。住居の賃料査定、入居者の募集、物件の宣伝・広告、入居者との賃貸契約締結、空室や滞納時の家賃の立て替え、賃貸期間中の設備・家具などの修繕、トラブル時の対応、入居者の退去時の各種作業等です。また、リロケーションは入居者と賃貸契約を結ぶのですが、これには住居の所有者が直接入居者と契約を結ぶ方法とリロケーション会社に住居を貸し出して、会社が入居者に貸す方法の2種類があります。前者の方法では、審査や契約を会社側に代理を依頼することも可能です。貸し出した後の住居の管理は業務委託契約を結んで会社側に任せるケースが一般的です。後者の場合はサブリース型の契約方法で、所有者と会社が賃貸契約を交わしてリロケーション会社が入居者を貸し出す形になります。ですので、家賃保証がついていることが多いのです。