建物の管理が大変?マンション管理会社にお任せください

アパート経営で土地活用

握手

自宅以外にも不動産を所有している世帯にあっては、土地活用で悩んでいるケースも少なくないといわれています。以前と比べて相続税の基礎控除額が引き下げられたこともあり、以前より相続税対策を考えておく重要性も増してきているといえます。節税効果の高い土地活用の方法としては、アパート経営を行うという方法があることが知られています。アパート建設資金を借り入れで賄うことによって節税効果を得ることが出来るというものです。アパート経営を行うにあたっては、入居者の募集や物件の管理などを行う必要が出てきます。また、空き室の有無によっても毎月の賃料収入が変動することとなります。そうした管理の手間や賃料収入の変動リスクを低減するサービスとして、サブリースを利用するという方法があります。サブリースとは、不動産管理会社が大家から物件を一括で借り上げて、入居者に転貸するサービスのことを言います。大家側としては、サブリースを利用する場合、入居状況にかかわらず一定の賃料収入を得ることが出来るため、安定したアパート経営を行うことが出来るというメリットがあります。一口にサブリースといっても、それぞれの会社によっても詳細な契約内容は異なる点には注意が必要となります。契約期間中であっても、周辺の家賃相場や入居状況を理由として保証している金額の引き下げを求められるケースもあります。自分一代だけでなく次の世代にも引き継いでアパート経営を行う場合、家族ともしっかり話し合ってからアパート経営を開始するかどうか決断することが重要となります。